あおいはるだった

なんだかんだ私の一番の青春は、高校時代に終わることはなかった。

私の母校は少し特殊な高校で、単位制普通科、おまけに私は国際文化コースという、今となっては英語も国際文化も興味がないけれど、まあそういうのに特化した授業のある素敵なところだった。カリキュラムだけじゃなくて、自由な校風が目玉であったが、例えば校則は自転車通学禁止のみで実質ひとつもないとか、生徒会がなくて同じような組織として協議会が存在するとか、行事ごとに委員会が立ち上げられ学生中心で行われるとか、サークルみたいなのが勝手に立ち上げられるとか(おかげで演劇部でもない私が学内公演を打てたわけですな、感謝)。クラスで授業を受けるとかもないので、お昼はクラスも学年もバラバラのメンバーで食べていた。

非常に楽しかった。私の周りにはまあまあ意識の高い人達が集まっていたのでなおのこと。大学に入ってめちゃめちゃ嫌だった。まず私はつるむのが苦手。大人数が疲れる。あとバカが嫌い。授業中うるさいとかそういった類のバカ、嫌い。だからレベルの低さに超悲しくなって、「あ〜 やっぱかなそうはよかったわ〜wwww」とかイキリかなそう生になってしまっていたのだ。はっっっずかしい。

ことあるごとにうちの高校は〜になってしまう嫌な女だったことだろう。

だけど気付いたら大学からの友人が増え、高校で散々青春したはずの友達とは会わなくても、話さなくても大丈夫になってきたのだ。なんなら今年の文化祭すっかり忘れてたレベルだしね。バイトだよ。

なんか、思いがけずすぐ抜けてしまった感じが不思議でたまらないね。もっとズブズブだと思ってたけど、よく考えたら私こういうタイプだったし。熱されやすいからさ、夢中になれるもの見つけたら、今まで夢中だったものからすぐ手が引けるし。いろんなものに同時に熱中できないし。サッパリしててよきでしょ?て感じ。でもほんと、一生高校とかそういう過去の栄光的なものから離れられないんじゃないかって不安だったから安心した。だってダサいじゃん、いつまでも昔にすがりついてんの。高校の時は〜とか、あの時は〜とか、元カノと〜とか。新しい立場として高校に関わっていくんじゃなくてだよ?あの時と同じ気持ちで同じ立場だと思って行くのがだせーの。ちょうだっせー。おーびーおーじーのなんちゃらとか私は絶対に積極的な参加をしたくないね、というくらい。私たちのいた時とは違う、いまがそこにはあるのだから〜〜〜〜😌🙏😌


いまはいましかないな、とほんとに思う。せっかくだからやりたいことぜんぶやる。そしたらやらなかった後悔はしなくて済むし。やらなかったのを引きずってくのもダサいと思うし。いきたかった、やりたかったを減らせるように生きていきます。ねむねむ。