名前という魔法


私はこれから、簡単にまとめれば公私を分けることは大事だよという話をします。


皆さんには名前がありますね?多分、呼ばれる場所や人、用途によって色々な名前があると思います。

名前は人を区別するための記号でしかない、なんて書いていたものもあったなあなんて思いますが、まったくもって私も同感です。区別するための記号。そんなはなしです。


落研での高座名、高校からのニックネーム、地元で呼ばれるあだ名、バイト先での愛称等、私という人間には沢山の記号がある。どれも同じ人物をさしているけれど、その時々の私は少しだけ違う。名前を呼ばれることによって、名乗ることによって私は切り替わる。と、思っている。

風俗嬢が源氏名を名乗ることで自分の中から仕事中の自分を取り出すみたいな、そういう感じ。わたし、というのは沢山いるので。


だって落研の時のわたしと、バイト先でのわたしは同じ人間だけど言動は全く違うし。当たり前だと思うんですけど、TPOにあった振る舞いするでしょ?猫かぶるとかそういうのもそのうちの一種だと思ってて、その時の私、によって正しいとされる行動や言葉は違ってくる、と思う。


例の騒動やとある人の話を聞いて思うことがありすぎた。

役職がある人間が、仕事に私情を挟むのはどうなのかということ。

特に団体の代表的な役職についている人間が、である。


今回の騒動については、団体の代表として団体のHPでの公開ではなく、いち個人としての感想やアドバイスであればなるほどなあと読み進めることが出来たのではないか、と思う。まあ、目を通す人の数や層は変わるかもしれないが、個人の意見として受け取りやすいように感じる。個人の意見ですが。私は本人とは面識がありませんし、どういった方なのか存じ上げておりませんのでただ主観的にリーダー論みたいなのを語りますが、これは公私混同と取られても仕方ないのではないかと思うのです。

具体例を出さないと表現しづらいのが難点ですが。例えば代表格である人間の個人的な好き嫌いで団体のメンバーを選んだり、出演回数が減ったり、そういうことって完全に私情挟んでるよね?みたいな。そういうコンセプトや信条の団体、企画でもない限り周りからの反感を買うのは当たり前だと思ってしまう。代表となる人が代表という役職であるタイミングで、というのが大事な前提ではあるけれど、そのタイミングで個人を出すのはよろしくないと思う。どこの組織にも言えるけれど。

個人的に嫌いなのも気に食わないのもわかる。それはある、人間だもの。でもあなたは、今はただのあなたじゃなくて、その組織に大変な影響力と権力を持つ代表でしょう?そのあなたの一言は団体の総意であると見られても仕方ないんですよ?と、なるわけですね。だってあなたは、団体のトップなのだから。


名前を使い分けることって大事。委員長、とか桃部屋ちゃん、とか。そうやっていちいち分けていかないと私がわかんなくなっちゃうもん。切り取って区別していかないと、混ざってしまう。1番よくないと思う。


私は総評、結構楽しみにしてたからなおさら。ああ、そんなミスひとつで、って。私も気をつけよ、って。


あー、眠いから文章の組み立てがいつにも増して下手だ。うーけーるー。

言い訳がましいがこれは悪口ではない。個人に向けている刃ではない。なんなら全人類に向けている。使い分けでミスられたところでああそっかこの人はこういう人なんだとしか思わないし特に興味もない限り直接言ったりしないし。つか片方から聞いた話を鵜呑みにしてキレるとか頭の悪い人かその人に陶酔しきったメンヘラだけでは?と思っている。夜中なので過激だぜ。まあでも戒めです、から、自分への。ついでに君たちも読めば?みたいな。


何度でも言うけどこれは私個人の意見であるからして、反論は認めるし絶対正しいとかではないからな。公私は分けたほうがいいね、の話だから。わかったな。おやすみ